フローリング以外の床材はどんなものがある?

フローリング以外の床材にはどんなものがあるかをまとめています。それぞれの特徴を知り、場所に合ったものを選びましょう。

フローリング以外の床材はどんなものがある?

床材といえばフローリングが中心となっていますが、フローリング以外の床材についてもどんなものがあるか知っておきましょう。

☆コルクタイル・タイル・天然石

コルクタイルというのは、コルク樫の樹皮を粉砕して圧縮、加熱してブロック状にしたものです。

白アリに強い性質で、断熱性、耐久性が高いものです。

弾力があるので足腰に負担がかからず、転倒しても痛くないので子供部屋や寝室におすすめのものです。

タイルや天然石は耐久性、耐水性があるので玄関やキッチン、浴室やトイレに多く使われます。

☆クッションフロア

クッションフロアは塩化ビニールの床材です。

模様を印刷したシートを透明のシートで挟み込むように作られています。

模様は大理石風のものやフローリング風のものもあります。

耐水性があるので主に洗面所やトイレで使われています。

熱に弱いのでキッチンでは使えません。

☆畳

日本に昔からあるもので、こちらの方が馴染み深いという人は多いでしょう。

畳には天然素材のものからポリスチレンフォーム板や天然木質繊維を使ったものがあります。

最近ではカラーも様々選べるようになり、使い分けができるようになってきました。

吸湿性が高く独特の香りや肌触りが楽しめますが、定期的に交換が必要であること、表面が傷つきやすいこと、ダニやほこりが内部に入り込むと取れないというデメリットがあります。

フローリング以外の床材には、このような種類のものがあるので、場所によって合うものを選ぶようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加