フローリングの種類について詳しく

フローリング材の種類について詳しく説明しています。無垢材を使ったものと、合板を使ったものを紹介しています。

フローリングの種類について詳しく

フローリング材には種類があって、大きく分けると無垢(単層)フローリングと複合フローリングになります。

単層は1枚の板でできているもので、複合はいくつかの板を貼り合わせてできたものです。

ここでは、それぞれのフローリングについての説明です。

☆無垢材を使ったフローリングとは

天然木1枚で作られたフローリングを無垢フローリングといいますが、これは本物ならではの温かみや重みが感じられるものです。

以前は住宅にはあまり使われていなかったのですが、最近になって住宅にも取り入れる人が増えてきています。

無垢材は調湿機能が優れていて、環境の湿度によって伸縮します。

天然木ならではの特徴ですね。

そのため、冬など乾燥する時期はすき間ができることがあります。

樹種によって硬さが違うのも特徴です。

オークやブナ、ナラは硬くて傷つきにくく、スギ、ヒノキは柔らかく傷つきやすいのですが、転倒した時のショックを和らげる効果があります。

住宅にはスギ、ヒノキが選ばれることが多いです。

☆合板を使ったフローリングとは

合板を使ったフローリングは複合フローリングといいます。

いくつかの板を貼り合わせているため収縮や膨張、反り、ねじれが起きにくく、施工も簡単だと言われています。

表面の化粧単板の厚さによっては、無垢材と変わらないものもあります。

組み合わせる板材によって、汚れ防止や耐水性、傷がつきにくくするなどの性能を附加できます。

マンションなどではクッションをつけた遮音効果のあるものや、床暖房を使う家では床暖房対応にすることもできます。

表面に樹脂シートを貼り付けて模様を変えることもできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加