うつ病の人に言ってはいけない「うつ病は甘え」

うつ病の人に言ってはいけないキーワードがいくつかあります。

よく知られているのは、「頑張れ」というキーワードですが、実は「うつ病は甘え」これも言ってはいけないNGワードだという事をご存知でしょうか?

うつ病になる人にもいろんなシチュエーションがあるので、一概には言えませんが、例えば仕事をしている人がうつ病になった場合、今まで普通にやっていた事、出来て当たり前の事ができなくなっていきます。

うつ病は目に見えない病気ですから、外見は普通なのに、できる事、やるべき事をしない=怠けているとか甘えているというように誤解されてしまうのです。

うつ病の辛さは、経験者にしかわからないと言いますが、確かに怪我や病気のように、見た目で悪いところが見えにくいので、至って普通なのに、仕事をしない、のは甘えだとなってしまうのです。

しかしうつ病の人は、甘えているわけでも、サボったり怠けたりしているわけではありません。

自分自信をコントロールできなくなっているので、自分でも歯がゆい思いをしています。

しかし周りの人はうつ病という事を言っても、そんなの甘えに決まっていると、聞く耳を持たずに決めつけられてしまうと、余計にストレスが大きくなり症状を悪化させてしまいます。

うつ病の人に向かって「うつ病は甘え」と言ってはいけません。

確かにうつ病の症状と、怠けている人は共通点があります。

例えば嫌な事は極力避けようとする、動きたがらずダラダラしている、嫌な事は避けるのに好きな事には積極的というのは、怠けている人によく見られます。

うつ病もこれとよく似た症状が出ますが、嫌な事だから避けているのではなく、うつ病が原因で集中力が低下してしまい、物事に集中できなくなります。

落ち込みや不安などもプラスされるので、意欲が低下してしまい、全身の倦怠感に襲われます。

仕事をしたい!という気持ちがあっても、脳や体が言う事を聞いてくれないので、好きな事もできなくなります。

うつ病と診断されていれば自分でうつ病の事を受け入れられますが、人に誤解された時、意欲が低下しているので、それを説明して理解してもらおうという前向きな気持ちになるのは、とても難しい事なのです。

うつ病の時は人と話をするのも難しい事がありますので、甘えではなく、うつ病の症状として理解する事が大切です。

怠けているのではなく、体がいうことを聞かない、と少し見方を変えると、行動も違って見えてくるかもしれません。