千葉県在住、そろそろ葬儀について準備を始めようとしている人

千葉で葬儀を執り行う希望がある場合、事前に準備して決められることは決めておきましょう。文書などで残しておくと残された家族も安心です。

千葉の葬儀の慣習やマナーを知ろう!

葬儀には地域ならではの古くから伝わるマナーや慣習が存在します。

今回は、千葉県で葬儀を執り行うときに知っておきたい独自の葬送儀礼について知り、地域ならではの文化に対応できるようにしましょう。

●長寿銭を配布

千葉県では、長寿の方の葬儀の際に長寿銭というものが配られます。

長寿銭とは五円玉に紅白の紐を通し、ポチ袋に入れて参列者に渡されます。

一般的には紅白の水引がされたポチ袋に入れられ、表書きに長寿と書かれているのが一般的です。

長寿銭は大事にすることで故人と同じように長生きできるといわれています。

参列者全員に配るのが基本のため、配るタイミングなど事前に確認しておきましょう。

●前火葬をする地域がある

千葉県南部では、通夜前に火葬をする前火葬による葬式が行われます。

前火葬の場合は当日中の納骨になることが多く、葬式後にすぐ墓やお寺で納骨をします。

前火葬は通夜の前に時間が必要なため、しっかり業者や遺族同士で意思疎通しておくようにしましょう。

●飲食による風習

千葉県には地域により差はありますが、別れの杯や出立ちの膳といった飲食に関する風習が存在します。

基本は親族で行うことが多いですが、参列者に振舞われることもあります。

お酒やお餅などを食べたり飲んだりすることもあるため、作法やしきたりを事前に確認しておくと安心です。

千葉県では地域によって葬儀に独自の慣習やルールを設けている場合があります。

自分が葬儀を執り行う地域のルールやマナーを知り、滞りなく葬儀が進められるよう確認しておきましょう。

Comments are currently closed.