千葉県在住、そろそろ葬儀について準備を始めようとしている人

千葉で葬儀を執り行う希望がある場合、事前に準備して決められることは決めておきましょう。文書などで残しておくと残された家族も安心です。

千葉で葬儀の準備をする際に気を付けたいポイント

葬儀の準備も知識もないまま家族の死を迎えると、残された家族は深い悲しみのなか葬儀を執り行わなければなりません。

残された家族の負担を減らすためにも、生前の終活が大切です。

今回は千葉で葬儀を執り行うために準備しておくことをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

●千葉で葬儀の準備をする5のポイント

①菩提寺の確認

日ごろお寺と付き合いのある家庭はそう多くはありません。

そのため遺族は菩提寺がわからないことがあります。

葬儀の際は菩提寺の僧侶にお願いする必要があるため、連絡先などをあらかじめメモして残しておきましょう。

②遺影写真

遺影に使ってほしい写真がある場合は、家族に伝えてすぐわかるところにしまっておきます。

③連絡先をリストアップ

自分の人間関係を家族がすべて把握しているとは限りません。

葬儀には誰がきてほしいのか、事前にリストを作っておくと安心です。

④お墓

墓に埋葬された後のことも考えておく必要があります。

その後、墓は誰が継ぐのか、戒名をどうするか、散骨を希望ならば今ある墓はどうするかなど決めておきましょう。

⑤相続関係

相続は家族が多いほどもめるケースが多いです。

法的に有効な遺言書を作成しておくと安心でしょう。

●家族へ伝えるときはしっかり正確に

「自分が死んでも千葉で葬式はしなくていいから」など、生前に軽い調子で言われるとどこまで本気なのか家族は困惑してしまいます。

あいまいな意志の伝え方ではなく、葬儀の希望や自らの意志は文書に残すなどして家族にしっかり伝わるよう準備しておきましょう。

葬儀社に事前に相談をしておくというのもオススメです。

式場の見学会を行っている葬儀社(博全社)もあるので、家族とともに見に行き、話し合い、認識をきちんと共有しておきましょう。

親族間でもめたときも、「故人の希望があるので」と方向性を定めやすくなります。